用語解説

いちぼくづくり

一木造

像の頭部と体部の主要部分を一材から彫り出す技法。

いりもやづくり

入母屋造

棟は二方向に、下部は四方向に流れるように勾配をつけた屋根の形。

うちぐり

内刳

干割れ防止と重量を軽減するため、像の体内を空洞にして作造する手法。

えよう

絵様

虹梁や木鼻などの装飾文様。

おうのまい

王の舞

鉾をもって舞う芸能で、悪霊退散や聖域を清めるために舞楽会の最初に行う舞。

かけご

懸子

箱の身の縁にかけて、中にはめこむように作った蓋のない浅い箱。

かんき

款記

書画の著者自身が書いた名前・雅号・年紀など。

ぎがく

伎楽

呉楽ともいい、中国の呉から日本に伝わった仮面野外劇の一種。

ぎょくがん

玉眼

木彫像の目に眼球状の水晶をあてたもの。

きょろく

曲彔

法会のとき僧の用いる椅子。

きりづまづくり

切妻造

棟を境にして両方に流れをもつ屋根。

きんでい

金泥

金粉をにかわ水に溶いた絵具。

くりがた

繰形

部材の端部を曲線を組み合わせた形につくり。

げし

下司

荘官。現地にあって荘園を管理する下級役人。

けっかいず

結界図

寺院や堂塔の境域を示す図面。

けっかふざ

結跏趺坐

両足を交叉させて組み、両足の甲をそれぞれ反対の大腿部に乗せて端座する坐法。

けぶつ

化仏

仏像の頭上や光背などに、標識または装飾のために取付けられた小型の如来型像

こうざま

格狭間

須弥壇や露盤・扉・石塔の下部に使われる椀形の輪郭をもつ装飾図形。

こうりょう

虹梁

虹のように中央を反り上げた梁。身舎柱同士に架ける大虹梁、身舎柱と庇柱に架ける繋虹梁などがある。海老虹梁は繋虹梁がS字形に曲ったもので、禅宗様の特徴。

こけらぶき

杮葺

板葺屋根の一種。厚さ3mm位のサラワやスギなどの柾目の割板で葺いた屋根。

こじかん

巾子冠

冠の頂上部に髻をさし入れ、その根元に簪をさす冠。

ごはい(こうはい)

向拝

参拝者や階段を雨から守る施設。

ごふん

胡粉

日本画に用いる白色の顔料。にかわ水に溶いて彩色の下地にする。

さんげんいっこ

三間一戸

正面三間で戸口が一間の建物。

さんぞんぶつ

三尊仏

中心となる尊像(中尊)が脇侍2体を従える一具の仏像。

しきゃくもん

四脚門

柱間が一間の門で、本柱の前後に2本ずつ、計4本の控柱のある門。

じさん

自賛

自分の肖像画に字句を書きそえること。

してんのう

四天王

須弥壇などの四方にあって仏法を守護する仏像。持国天・増長天・広目天・多聞天。

しゅうごう

周濠

古墳の周囲に掘り回らされた堀。

じょうはく

条帛

菩薩・明王・天部などが肩から斜めにかける布。

しりん

支輪

建物の斗栱や天井回りで高さの異なる平行材の間を斜めにつなぐ化粧材。

ぜんしゅうよう

禅宗様(式)

和様に対し、新しく伝来した宋の様式。

たいへいづか

大瓶束

虹梁の上に立つ大きい瓶の形をした束。

たばさみ

手挟み

向拝の柱の上で斗栱に載る垂木の勾配によって生じた空間をうめるために設けた化粧板。

ちょうがん

彫眼

木彫の像に直接彫った眼。

ちょうでんす

兆殿司

明兆のこと。南北朝から室町時代へかけての代表的画僧。

ちんそう

頂相

禅宗の祖師や僧の肖像画。

つうけん

通肩

両肩を覆う衣のまといかた。

つま

屋根の破風の見える側。

つまいり

妻入り

妻の下側を出入り口とする家屋。

つまかざり

妻飾

切妻や入母屋の妻の三角部分に施す装飾。

つれみつど

連三斗

三斗に更にもう一個の斗(ます)をつけたもの。

でぐみ

出組

斗栱の組方の一種。

でんがく

田楽

田遊びなどの農耕儀礼から発生した芸能で、笛や太鼓・ビンササラなどではやしたてて踊る芸能。

ときょう

柱の上や内部天井のまわりに見える木組。斗はます、は肘木のこと。

とちぶき

栩葺

板葺屋根の一種。サワラやクリなどで厚さ2〜3cmの割板を作り、それを段形に細かく並べて葺いた屋根。

なかぞえ

中備

組物と組物の間にあって桁を受ける部材。形によって蟇股、間斗束、蓑束などがある。

ながれづくり

流造

神社本殿の建築様式で、屋根が前方に長くのびた造り。身舎の柱間が三つで三間社流造、五つで五間社流造。

にくけい

肉髻

仏の頭の頂にある椀を伏せたような形のふくらみ。

にじゅうもん

二重門

二階建の門で、構造的に屋根が二重のもの。

はっきゃくもん

八脚門

柱間が三間の平入単層の門で、本柱の前後に4本ずつ、計8本の控柱のある門。

はんか

半跏

片足をふみ下げ、片足をそのふみ下げた膝の上に載せて座る坐法。

ふきいし

葺石

古墳の外表面に葺かれた石。

ふんだみ

粉溜

木彫像の表面を金色に仕上げる技法。艶消しの効果をもつ塗り方。

へいじく

弊軸

堂塔社殿などの戸口の両側などに取付ける額縁状の部材。

ほう

衣冠や束帯をつけるときに着る丸襟の上衣。

ほうきょういんとう

宝篋印塔

もと宝篋印陀羅尼経を納める方形の塔を意味した。日本ではその様式をまねたものをこの名称で呼び、墓標として用いた。基礎・塔身・笠・相輪からなる。

ほうげん

法眼

もと僧侶の位で、中世から仏師・医師・画工などに与えられた位。上から法印・法眼・法橋の順である。

みきょうしょ

御教書

摂関家や将軍から出された仰せ書き。

みつど

三斗

大斗に載った肘木の上に斗が三つ並ぶもので、形によって平三斗・出三斗がある。

みやざ

宮座

地域の祭祀組織。特定の家または一定年齢に達した男子によって構成され、頭屋が中心となって祭祀を行う組織。

もや

身舎

社殿で最も中心となる建物。

ようらく

瓔珞

珠玉を金鎖・銀鎖・紐などでつらねた装飾具。

よせぎづくり

寄木造

一木造に対する用語。二材以上の木を寄せて作像する技法。

わよう

和様

平安時代以来の建築様式。新しく伝来した宋の様式を禅宗様と呼ぶ。